DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その人に喜びをもたらさないものを 「強み」とは呼ばない

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

LoveYourself!ワークショップの第2フェーズ「センタリング」、終了しました。

最後の数回は、メンバーおひとりずつの「強み」発掘。


「強み」
っていうのは

チェック他人より上手にできる、
チェックなんだかうまくいく、
チェック最初からできる、
・・・という特徴があるジャンルのことなんだけど、
わたしの考えでは、それにプラス
チェック自分をエンパワーする
っていうのが入ります。

どんなに上手にできるものでも、
その人に喜びをもたらさないものは
「強み」とは呼ばない、ってこと。


いや・・・けっこうあるんですよ。なみだ

自他共に認める、得意で上手にできることが、
実は、「恐れ」から発してるってことが。


臨機応変にパッパと物事を片付け、
もう見るからに、アタマの回転速いなあ・・・
っていう人の背景にあるのが
「他人を信じられない
aya」という恐れだったりとか。

物事をきっちりやり遂げる正確さがウリ!
なのかと思ったら。
実は、自分の無力感や劣等感を見たくない
ayaために
既存の正しさや正確さに依存してるのだったりとか。

こういうケースだと、いくらそのことが得意で上手でも
それをすることが喜びを伴っていませんから
ご本人の中に「やらされてる感
が~んが、いつも漂います。

そして、そのくせ、もともとが「恐れ」から発しているものなので
「やらなくていいよ」と言われると、手放すまいと固執します。
「だって他の人がやるより速いし
くま
「えー・・他の人に・・・できるかなあ
くま
・・・てな感じ。

「強み」の場合、現れる感情は、もっとシンプルです。
そして、これが第2番目の特徴なんですが、変幻自在

何をするときも、いつどこで誰とするときも、
条件がどう変わっても
その場に合った形に変わって、現われます。

「強み」というのは、言い換えれば、その人オリジナルの、
【他の人から際立って飛び出した個性】ってことなので
案外、小さい頃のトラウマ体験と傷つき感情が乗っていて
(子どもというのは概して保守的で全体主義ですから)
本人は、なんとかそうしまい、隠しておこうと、
意識上では努力してたりするのですが、、、

それでも。出て来ちゃ
う。てへ


だって、そうしたいんだもん。
そうせよ、と、その人の自然が言うんだもん。
気がつくと、そうやっちゃってるんだもん。クス


なので、今回みたいに発掘して、それを意識して使うようになると
物事がうまくいって、しかも、自分の中にパワーを感じます。
「これでいいんだ!」という深い満足を味わうことができるんですわね。


「恐れ」から発する得意なこと・・
戦略的強み、と言うか、処世術と言うか、
そういうヤツももちろん悪いわけじゃないです。
必要に応じて使えばいいとは思います。


でも、自分を生かして、生きる、ってことを考えると
その人のオリジナリティーに直接根ざした「強み」を使った方が
ずっとスムーズだし、人生のキラキラ感が違います。

このことは、参加者のみなさま同士でシェアしあっていただいた、
WSで発掘した「強み」を意識して生活していただいたご感想の中にも、
必ず出て来ていました。うんうん


自分を愛する、自分を大切にする、っていうことが
人生をラクラクHappyにするコツなんだよねえ・・

改めて感じた「センタリング」でした。


ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
次回からは、最後のフェーズ「ヴィジュアライズ」です。
またどうぞよろしくです
(*'∀`*)v


o0404048312081608051.jpg
そしてアフターは、なぜか「大人のための国語セミナー」part2笑
写真は「起承転結って言うのはデスね~」と、ファミレスの紙ナプキンをホワイトボード代わりに講義してるとこ。
朝10時から夜10時まで、ワタクシ、よく働きましたっ
はなまる

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://daybreakhealing.blog76.fc2.com/tb.php/926-8cafd3a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。