DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/25のツイートまとめ

Posted by Aiko on   0 comments   1 trackback

p_moon

恐れワークのテキストを作りつつ、iPadの使えるアプリを探す一日。いろんなアプリのレビュー記事見てると、OS8.0が出て、windows98が出て、インターネットがいよいよ一般に普及しだしたときの盛り上がりっぷりを思い出すねえ。
06-25 01:46

めも:Qumi Q2 実機見に行く! [ iPad祭り継続中 ]
06-25 10:13

衝撃のルッコラ。なぜこんなところに!?[ピグ庭]
06-25 12:38

「わたくしどもの国語は、書き手が自らの心の卑しさを隠そうとする時に、最も華麗な表現力を発揮する。」建前より本音を珍重する風潮の中で、弱者を差別的に扱うことが正当化されてはいないか。【"ダーウィンはナマケモノを嫌わない" 小田嶋 隆http://t.co/SLIPFq9T
06-25 14:28

ちなみにダーウィンは、よく言われるような「弱肉強食」「自然淘汰」「適者生存」といったことは主張していないようです。彼が言ったのは、個体差が親から子へと継承されていくうちに、環境に有利な身体的特徴が世代を越えて蓄積するはずだ、ということ。生物の多様性が生じる理由を説明したのですね。
06-25 14:37

ちなみに、かつて小泉さんも引用した、ダーウィンの言葉として有名な「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」という一節も、彼の著書『種の起源』の中にはなく、後世の人が創作したものであるようです。
06-25 14:42

「struggle for existence」という言葉も「生存競争」と訳されたため、日本人の語感イメージでは異なる種同士が力比べで勝ち負け決める、みたいな絵が浮かんじゃうけど。「struggle」は、自己内の闘い・・努力とか頑張りとか、そっちのニュアンスが強いのではないかな。
06-25 14:57

そうであれば、弱者と呼ばれる人たちは「淘汰」されるべき存在でも「食われても仕方のない者」でもない。「struggle for existence」を「生きるために頑張ること」と訳すなら。彼らこそ生きるために懸命の努力を要する個体であり、継承されるべき何かをもっているかもしれない
06-25 15:35

団藤先生が。死刑存廃について、刑事訴訟手続について、今に際しておっしゃりたいことがたくさんおありだったのではないか。合掌。
06-25 15:44

ブログを更新しました。 『想定外…』 http://t.co/LxHyfJag
06-25 23:13

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://daybreakhealing.blog76.fc2.com/tb.php/902-7b42b3aa
-
管理人の承認後に表示されます
2012.06.26 04:33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。