DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分でコントロールできないものを、能力とは呼ばない」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

もしかしたら「精神世界」って全体にそういうところなのかもしれないし
そうじゃないのかもしれないし、そのあたりはよくわからないんですが
少なくとも、わたしがお世話になったスクールでは、
サイキックや不思議な現象を面白がる風習が強くありました。



特に、サイキック開発は、ティーチャーさん自身が興味のある分野だったらしく、

受講生専用サイトに設置されていたチャットを覗きにいくと、
それを話題にした「実験」や「練習」が、よく行われていました。
(大阪のKさんラクダとはこのあたりから仲良くなりました)


そのうちには、「見える」人を中心とした数人だけが、
クローズドのチャットにティーチャーさんから呼び出されるようになりました。
パワースポットのサイトをみんなで見て、いわゆる「波動」を受け取ったり

「天使」と呼ばれる存在を降ろしてメッセージを受け取ったり、

調子の悪い人や、ティーチャーさんが気にしている人のリーディングをしたり、

毎日のように、深夜どころか明け方まで、そんなことばかりやっていました。



前回までの記事
矢印レイキとの出会い(レイキ体験 序)
矢印「失うものなんか、何もない。」(レイキ体験1~出会い~)
矢印「だって、悪いのはわたしじゃないから」(レイキ1st)
矢印「不意に、重さのある空気が隣にありました」(レイキ2nd-1)
矢印「浄化と癒しへ進む道の、最初の扉」(レイキ2nd-2)
矢印「大したことじゃない、なんて思って、ごめんね」(レイキ2nd-3)
矢印「それは、「光」としか呼べない光でした」(レイキ3rd-1)
矢印「全部当たり。見えるようになったね」(レイキ3rd-2)




花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花

 レイキ体験8 
~レイキサードディグリー3~

花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花


復習会や再受講に行くと、人から相談をもちこまれるようになりました。
こんなことで人の役に立てると思ったこともなかったので、わたしも喜んでリーディングしていました。
別に一銭のお金がかかるわけでもありませんから、それこそお安い御用だと思っていました。
もっと役に立ちたいと思って、もっと見えるようになりたいと思いました。


再受講に行くと、受講生の人たちがアチューンメントを受けてオーラが変わるのを見ていました。
調子の悪そうな人がいると、その、調子の悪そうなところを、頼まれもしないのに見ていました。
瞑想のワークのときは、他人がどんなイメージを見ているのか、ちらちら横から眺めていました。

そんなわたしに、ティーチャーさんは
「グランディングがないよ」
と何度も注意してくれたけれど、わたしは聞いていませんでした。
ややこしい状況の受講生の方がいると、彼女からもサポートを頼まれたので、
(自分だってわたしのこと使ってるくせに)
と、心の中で言い返していました。



けれども・・・


そんな風に振る舞っているわたしを、実は、わたし自身が嫌っていました。


仲良くなれたと思っている人から相談を持ち込まれると、心のどこかに冷たい風が吹きました。
相談が始まるまでは、いろいろどうでもいいようなおしゃべりに笑い合った間柄でも
相談が終わると、距離が離れてしまうのを感じていました。
悲しくなって「どうして?」と思うと、今度は自分の感覚が開き、
ただ便利に使われたんだなあ、とわかってしまうことも、たびたびありました。

そんなことが知りたかったわけじゃないのに・・・

自分がどうしたいのかわからなくなって、どんどん混乱していきました。


気持ちが混乱していくと、体調もおかしな感じになってきました。
復習会や再受講の会場にしばらくいると、なにかジットリと濡れたような感覚に囚われるようになり、体が重く、頭痛もするようになりました。
ティーチャーさんに言うと取ってもらえるのですが、そういう解決は、どこか違うような気がしました。


そんなある日のことでした。

いつものような辛さで気分がおかしくなってきたとき、ティーチャーさんは別の人のことで忙しそうにしていました。
困ったなあと思っていたら、ある先輩が声をかけてきました。

「あのさ。能力っていうのは、自分が使えるから能力って言うんだよね」

(・・・?)

「自分でコントロールできないものを、能力とは呼ばないでしょ」

(!!!)

その瞬間、何を言われているのかわかって、ものすごく恥ずかしくなりました。
足がすとんと地に着いた気がしました。

わたしは、ちょっとした自分の変化に浮ついて、振り回されていただけでした。
本質ではないものに執着して、何かできるようになったような気になっていました。
人が離れていくのだって、これでは仕方ないなと思いました。

やり直しだなあ・・・ と思ったけれど、
即座に(それは違うでしょ)と自分で自分にツッコんでいました。

わたしは、まだ何も「やって」なかったんです。
回り道をグルグルして、勝手にくたびれていただけで。


やり直しじゃなくて、これからが、やっとはじまりでした。






前回までの記事
矢印レイキとの出会い(レイキ体験 序)
矢印「失うものなんか、何もない。」(レイキ体験1~出会い~)
矢印「だって、悪いのはわたしじゃないから」(レイキ1st)
矢印「不意に、重さのある空気が隣にありました」(レイキ2nd-1)
矢印「浄化と癒しへ進む道の、最初の扉」(レイキ2nd-2)
矢印「大したことじゃない、なんて思って、ごめんね」(レイキ2nd-3)
矢印「それは、「光」としか呼べない光でした」(レイキ3rd-1)
矢印「全部当たり。見えるようになったね」(レイキ3rd-2)





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://daybreakhealing.blog76.fc2.com/tb.php/1586-9c8149a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。