DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「全部当たり。見えるようになったね」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

REIKIのサードを受講すると、直感力が増す、円滑現象がより起こりやすくなる、といった例が、よく紹介されています。
わたしがお世話になったスクールでも、そういった体験談がしばしば話題に上がっていました。
が、精神世界にそれほど興味のないわたしは、不思議な話にはあまり心動かされず、ずっと
「ふーん・・・・」
と流していました。
何を聞いても、自分とはまるで関係ない話だと思っていました。

でも、わたしにも やっぱり変化は起きたのでした。

このことは、書こうかどうしようか かなり迷いました。
でも、他にも同じような経験をされて困っている方がいるかもしれないと思い、書くことにしました。
もしよかったら読んでください。m(__)m



前回までの記事
矢印レイキとの出会い(レイキ体験 序)
矢印「失うものなんか、何もない。」(レイキ体験1~出会い~)
矢印「だって、悪いのはわたしじゃないから」(レイキ1st)
矢印「不意に、重さのある空気が隣にありました」(レイキ2nd-1)
矢印「浄化と癒しへ進む道の、最初の扉」(レイキ2nd-2)
矢印「大したことじゃない、なんて思って、ごめんね」(レイキ2nd-3)
矢印「それは、「光」としか呼べない光でした」(レイキ3rd-1)




花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花

 レイキ体験7 
~レイキサードディグリー2~

花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花キラキラ花



最初の変化は 当日のうちに起こりました。


セミナーのあと、遠くから来てる人もいるし、折角だからみんなで軽く一杯・・ということになって 会場のそばの居酒屋にみんなで行くことになりました。

わたしは 今ではそれほどでもありませんが、どちらかと言うと人見知りな方で、知らない人ばかりの席で喋るのは苦手です。
でも、人が話しているのを聞くのは楽しいので、みなさんがあれこれ話していることを面白く聞いていました。

そのうちに、誰かの恋愛話から、ティーチャーさんがご自分の別れた恋人の話をし始めました。
どんなにその人のことが好きだったかを熱く語るのを聞き流しながら、レイキのティーチャーでも失恋とかするんだなあ・・まあやっぱりヒトだもんなー・・そりゃそうかぁ・・・とか、割とくだらないことを思ってボーッとしていたら、彼女は ふと 紙ナプキンの裏に男性の名前を書き、わたしの前に差し出しました。


「・・・・は?」


「今話してたの、この人なのよ。どう思う?」


どう・・・って。
そもそも全然知らない人です。

何を言ってるんだろうと思って 一瞬ポカンとしました。


ところが、それが始まりでした。


突然、脳が乗っ取られたみたいになりました。
中空に見えない窓のようなものが開き、そこから何かが流れ込んでくるのを感じました。
英単語や数式や図形みたいなものが 次々とプラネタリウムのように展開するのが、肉眼と違った視界で見えました。

同時に

「この人は背が高いよ」
「この人は外見に自信をもってる」
「すごく頭がいい。いくつかの学問をやった経験がある」
「学歴にプライドがある」
「なにかの概念に いま 傾倒してる」
「今は、外国にしょっちゅう行く生活をしてる」
・・・・などなど。

なんだか全然知らない話を、口が勝手にしているのです。


わたしはどうしちゃったんだろうと、怖くなりました。

ところが、彼女は平然とした顔でわたしを眺め、わたしの口から出る言葉を聞き、
最後に、にやりと笑って言いました。


「全部当たり。見えるようになったね」




・・・・えっと。


ここでもう一度強調しておこうと思うのですが。


REIKIは、決して サイキックな能力を開発するためのテクニックではありません。
また、サードディグリーを受講すればサイキックな部分が開発されるというものでもありません。
そもそも、ヒーリングに、そういった能力は必ずしも必要ではないものです。

もちろん、時には素晴らしい経験をすることもあります。

でも、困った目に遭ったり、面倒に巻き込まれたりする機会も多くなります。
自分を見失って、能力に潰されることもあります。


わたしの場合はどうだったかと言うと、何の前準備もなくいきなり新しい視界が開けてしまったので、最初のうちは面白くて仕方ありませんでした。


そして、すぐに大変な目に遭うことになったのでした・・・







前回までの記事
矢印レイキとの出会い(レイキ体験 序)
矢印「失うものなんか、何もない。」(レイキ体験1~出会い~)
矢印「だって、悪いのはわたしじゃないから」(レイキ1st)
矢印「不意に、重さのある空気が隣にありました」(レイキ2nd-1)
矢印「浄化と癒しへ進む道の、最初の扉」(レイキ2nd-2)
矢印「大したことじゃない、なんて思って、ごめんね」(レイキ2nd-3)
矢印「それは、「光」としか呼べない光でした」(レイキ3rd-1)




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://daybreakhealing.blog76.fc2.com/tb.php/1574-6d8383bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。