DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【子育てトーク】「あのね、いつまで聞いてたらいいの?」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

水曜日なので、子育てトークの日ですね!

ここのところ重めの話題が続いていたので、今日は、子どもに叱られちゃったオハナシなど。(*'∀`*)v


あれは、ウチの子が3つになる前・・うん、まだ幼稚園に通っていなかったので、もうすぐ3歳ってあたりのことだったと思います。

わたしは、めちゃくちゃ怒っていました。

原因がなんだったか、もう覚えていません。
でも、子どもが何か危ないことをして、結果的にはなんでもなかったんですが、頭にキーッ怒りと血が上った状態だったことは覚えています。
ああそうだ、幼稚園の入試のことが意識のどこかにあって、「ちゃんと教えなくちゃ」なモードでいたような気もします。


ま、それはさておき。

そのときのわたしは。          

とにかくもう、ぜったいにわかってもらわなくちゃダメだー!と思い詰めて。


やっちまったですよ。


くどくど 
くどくど 
くどくど 
くどくど 
くどくど 
くどくど・・・・(くどいようるさい


同じこと繰り返し繰り返し、
持てる体力と表現力の全てを駆使してですね(無駄遣いエコ)、
あーだこーだ、あーだこーだ、うだうだと。
まだたった2つの子どもをソファに座らせて、激・長時間のお説教。 



ところが。

何巡目かで同じ話のループやじるしに差し掛かったときだったと思います。



子どもがですね。


ふっと手を伸ばすと、人差し指をわたしの額にピタリと当てて

「とまれ!」

と叫んだのですね。



( は?)


虚をつかれて一瞬黙ると。
今度は、すごく真面目な顔で質問してきました。


「あのね、いつまで聞いてたらいいの?」




・・・・がーんがーん。でした。



だって、
いつまで?って・・・・いつまでって、ないもんねえ(苦笑)

もう言うことはとっくに全部言っちゃって、あとはアタマと感情が暴走・激高するのに任せて、口が動いてるだけでしたから。

それで、慌てて子どもに謝って、許してもらって、一緒にアイスアイスを食べたのでした・・・凹




んでね。

このとき、「感情的になるのと叱るのは違うんだな」ってことが、よくわかりました。

確かに一番最初に「それはダメ!」と思ったことを伝えたときは、叱ってた。
でも、そのあとは・・・

育児書なんかによく「叱るのと怒るのは違います」って書いてありますけど、この、くどくどモードだったときのわたしは、「怒って」いたのですらなくて、ただ、思考と感情に振り回されていたんだって思うんですね。

そういうときって、カーッ!と頭に血が上る感じで、言えば言うほどもっと言いたくなると申しましょうか。

もうやめようと思うんだけど、止まらないダッシュって感じ。
で、その、やめたいんだけどやめられないイライラも、一緒くたになって子どもにぶつけちゃうんだわね・・
うわー、悪循環。はぁ~

その上、夜になって子どもが寝てるの見ると、ゴメンナサイ、こんなママで(涙)と自分のことイヤになったりして。
イイコトいっこもありません。ガーン!!


なので・・・

このとき大反省したわたしは、もう二度と同じ失敗をするのはやめようと思いました。

自分の内側を観察してると「もっと言いたい感じ」がモニョモニョ動き出すときの感覚がわかります。
でも、それが動きだしたら、終わりのサイン。
この感覚って、実は、言うべきことは言い終わって、それ以上は自分の側の理由で言いたいんだって意味なんです。


だから、そういう感覚に気づいたら「これでおしまい!」と自分から宣言するようにしました。
子どもに向かってというより、自分に対する宣言です。

だってね、そうしないと、子どもってのは、親のメンツを立ててくれると言うか、こちらが何か言って間じゅう、基本的には聞いててくれちゃうんです。
くどくど言おうが、がみがみ言おうが、聞いててくれます。
(反抗期の子が何か言おうとするとヒュッとどこか行っちゃうのは、聞き始めると聞いちゃうから、そうならないための防衛なんじゃないかと思っています 笑)

でも、聞いてくれてるからと言って、自分が正しいわけじゃない。っていうことを、親は自覚してないとダメだなーと思ったのです。



つか、もう、・・・・そもそもさ。


自分が子どもの立場だったときは、
よくそう思ったものじゃないですか。

なんかヘンだなと思うんだけど、
親が怒ってるから取りあえず聞いてるみたいなの・・・顔




ペタしてね

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://daybreakhealing.blog76.fc2.com/tb.php/1516-32ec072f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。