DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ことば以上の、ことば」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

行きたいなーと思ってるうちに会期が明日までに迫ってしまい・・・

でも、なんとか行って来たよん(*'∀`*)v


世田谷文学館

SN3B1400.jpg








      あちゃ汗 写真曲がってる・・・


萩原朔太郎展。


小学生だった頃、詩や短歌が好きな母に勧められ
第一詩集の「月に吠える」を読んで。


  


まー小学生だもんで、実のところ、詩なんてよくわけもわからなかったけど
ぱららっと開いて目についた作品の2連目を読んだとき、がーんとなった。



  かたき地面に竹が生え

  地上にするどく竹が生え

  まつしぐらに竹が生え

  凍れる節々りんりんと

  青空のもとに竹が生え

  竹、竹、竹が生え。



絵よりも写真よりも、
竹が生えているその様子が、空気が、
心に直接飛び込んで来た。


当時住んでいたうちの近所には竹林があったんだけど、
それを直に見るよりも、ずっと鮮やかに。

びっくりした。


結局のところ、小学生に朔太郎は難し過ぎて(エロチックな作品も多いしポッ
「味わう」とか「共感する」とか、そういうレベルには至らなかったけど、
コトバってのはすごいもんだ。という印象はものすごーく強く残り
テニヲハひとつ、句点の位置ひとつにも神経が尖るようになって、今に至る・・・
 別名、あんまり成長してない・・・とも言いますかね あは


もとい。展覧会の話。


展示されていたのは、手書きの、何度も何度も推敲された原稿や、
うじうじと悩みを書き連ねたお手紙。
愛用のマンドリンとギター。作曲した譜面。写真作品。
精緻な挿絵の原画もいくつか展示されてたのは嬉しかったなーキャハハ
    いま思えば、詩画集ってものの草分けだったってことだよねきらきら
あと、壁面に詩の本文があって&本人による朗読CDが流れてたり
「猫町」は、地元世田谷の下北沢の話だから、特別コーナーになってたり
工夫を凝らした展示も楽しくて、朔太郎ワールドにどっぷり嬉しい



浸りすぎちゃって、展示会場から出ても、
ちょっとまっすぐ帰る気になれなかったんで喫茶室に寄り、
コーヒー飲んで行くことにしました。もちろん、お菓子つきで。

SN3B1401.jpg


お菓子は


「猫焼き」

SN3B1402.jpg

・・・ってなんかグロな名前ですが、要するにカステラでした。美味しかったニコニコ



と、さんざん遊んで外に出たら

SN3B1404.jpg


まっくら・・・・へ?




日が暮れるのがほんとに早くなったよね。
もう12月なんだもんねえ。


あったかくして、風邪引かないようにしてねほかほか










ペタしてね

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://daybreakhealing.blog76.fc2.com/tb.php/1349-91b3d5de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。