DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何もかもがうまくいきすぎて怖い」そうです(笑)

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

ワークショップの参加者さまから、ステキなご報告をいただきました。

ご主人さまのお仕事が絶好調!になっちゃったイエーイ!!のだそうです。
会社で昇進されて、配置換えもあって、その結果、何もかも思い通りにお仕事ができるようになったのですって。
すごーい(*'∀`*)v




その背景にはどんないきさつがあったのか・・・?
レポートをシェアしますキラキラ 読んでみてくださいshokopon


星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら

ダンナの話なんだけど…

今年、会社で昇進して、新しい部署に移ってお仕事とっても乗りに乗っているらしい。
自分のやりたい仕事を自分のやりたいように自分の望んだ組織編成になってとなんでもかんでも自分に都合のいいように動いているそう。
何もかもがうまくいきすぎて怖いとか言いながらとっても嬉しそう。

そういうダンナを見ていてこっちまで嬉しくなっちゃった。

二人の時間もとっても穏やかで平和。
以前のような不毛な言い争いがなくなって。

前まではね。。。仕事がつまらなくて、職場でいじめっぽいのにもあっていてとってもきつそうだったの。

ダンナに変わって欲しいと思っていた時はひどくなる一方だったのに、変われと思わなくなったらいつの間にか勝手に変わっていったみたい。
今は尊敬できるようになった。

ちょうど、前に日記に書いた私のダンナに対するわだかまりが消えた時期とも重なっているように感じる。

もちろん、頑張っているのはダンナなんだけど、私が変われば相手も変わるってこういうことなのかな、と実感している。

あんなに私にとって居心地の悪かった家の中が、落ち着く空間になっているの。

家族が幸せだと私も幸せ。
家族が喜んでいると私も嬉しい。
 
ここ数日しみじみとこんなことをかみしめている。

星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら星きらきら


おおおっラブ 素晴らしいですね~っすてき


前の日記、というのは以前このブログでもご紹介した、この記事です。
 →「どうしてこの人と結婚しちゃったんだろうと後悔ばかりしていました」


どうして結婚しちゃったんだろう?
どうしてこんな人と??

・・って、ずっと長いこと悩んでいらしたのに。

今や「尊敬できる」って。

素晴らしいですよね。

女性にとって、ダーリンを尊敬できるかどうかってこと、
幸せ感や安心感を大きく左右しますものね。うんうん


「自分が変われば世界が変わるよ」ってこと、
いつもお話させていただいているのですけれど。

こうやって実際に結果を出されて、喜びを見出されたご報告を伺うと、
本当に嬉しいですじーん

苦しい局面がいくつもおありになったと思いますけれど
ついに乗り越えられて・・・すごいなあ。感動です・・・
(思わずまたウルウル・・ なみだ どうにもこういうとき、涙腺が弱くて!!)


ちなみに、この方は、今期、
「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝える」「LoveYourself!」の
二つのワークショップにW参加されています。

月に2回、通年でワークショップに参加するって・・

コレ、けっこうなかなか、できることじゃないと思います。
DAYBREAKのワークショップは、
お値段はそれほど高い方じゃないと思いますけど(だよね?)
月4回の土日・・計8回しかないお休みのうち、
2日間がワークショップで潰れちゃうわけですから。

しかも、ここは講師(=ワタクシ)の側の問題なんですが
「手抜き」「見逃し」ってことがうまくできない性格上ゴメーン
どちらも、それなりに、がっぷりどすこい!


それだけに、本気なんだな!と強く感じていましたが
やっぱり 本気の人は、結果も出ますね驚きすぎ


わたしもますますがんばっていくよ!と、勇気をいただきました。

すてきなご報告、ありがとうございました!!





ペタしてね

スポンサーサイト

「ぐるぐる考えてしまうときは」【大人のための国語セミナー】

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

「大人のための国語セミナー」のご感想、またまたいただきましたんありがと

ご紹介しまーすshokopon


clover*clover*clover*clover*clover*clover*clover*clover*

受講してみてとりあえずわかったことは、私日本語出来ていないじゃーん!ってこと

「しかし」と「ただし」の接続詞の使い方とか、自信いっぱいに思いっきり間違えていたし…
国語は特に受験勉強しなかったくらい他の教科より点はよかったから得意だと思っていたんだけどなぁ。。。ショック
接続詞の使い方があいまいだと要点も分かりにくいし誤解も招くだろう
しゃべる側でも聞く側でも、実は今まで私ったら何が言いたい事かわかってなかったのかも…

最初の音読の時は、「間違えないように読まなきゃ」って事で頭がいっぱいになって文章の内容が全然入ってこなかった
ナレーターのバイトしてた学生時代だったらこんなの朝飯前だったはずなのにぃいいいいいい

と、ショックな事が重なり、グループワークでは大人しくなっちゃいました;;;;


事実と意味については、今までもセミナーやセッションでAikoさんにさんざん指摘されてきたところでもある
改めて意識して文章を読んでいくと重要な要点や問題点がよくわかるので面白かった
自分の文章でも気をつけていきたいものだ
何より、頭の中での思考の時が一番要注意だな
ぐるぐる考えてしまうときは、事実か意味かを自分に問いかけながら整理していく癖をつけていこうと思う

3時間じゃ全然足りないっ


clover*clover*clover*clover*clover*clover*clover*clover*


おおおなるほど
やっぱ接続詞がムズカシイとお感じだったのですね。なるほど

ていうか。

接続詞ってナニゲに飛ばしてることが多いけど、けっこう大事なんですよ!ってことをお伝えするのも、今回のテーマのひとつでありましたので。
むしろ「これ、難しい!」と感じられたのなら、きちっとテーマをおさえてくださった証拠でもあるのかな~っと。OK


うん、あのですね。
接続詞と文章の構造ってのをやりましたけど。

文章の構造が見きれる、ということは、書き手の世界がまるっと見える、ということでもありまして。
・・・うん、あの、ぶつ切りの単語や単文の羅列でなく、ホーリスティックな捉えができるっていう意味なんですけど。
これは簡単なようで、割と案外、そうでもない作業なんですわ。


また、同じことを逆に自分に当てはめてみれば、自分の思いをある程度まとまった文章に書けるっていうことは、自分の世界に自分がちゃんといる、っていうことでして。
つまり、自分が何をどう考えているか、ということの、主語の座に自分を置けるということで。
尻切れとんぼな思考が頭の中にいくつもフワフワしてる状態だと、やっぱり難しくなっちゃう作業なのですわ。
(というあたり、シェアに参加されてる3rdディグリー以上の方たちは体感されてることと思いますが・・・おつかれ


ま、今回はさわりだけだったんで、もし「冬の陣」がある際には、たぶんもっと接続詞のところや構造分析のところを突っ込んで扱うことになると思います。
どうぞお楽しみにわぁい


そして、「事実」と「意味」のところは、やっぱりちゃんとちゃんとに参加されてる方は、みなさんピンぴん!と来たみたいで嬉しいです。
継続は力なりてへ



文章の構造って、騙し絵みたいよね。。。
ひとつひとつの単文も独立した文章なんだけど
組合わさることで、ひとつの新しい世界ができあがるの。
面白いです(*'∀`*)v




ペタしてね




ゆっくりじっくり、コトバと意識の関わりを学ぶ
1年コースのワークショップです。
思考をシンプル化して人生を加速成長させたい方におすすめです。

星ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ星
星 ワークショップについて、詳しくは
→こちらをご覧ください。
星 過去のレポートは→ こちらです。
星 いただいたご感想は→ こちらです。

星 お申込・お問合せ→手紙DAYBREAK healing room手紙

「ただし、イケメンに限る」と「その彼氏とはもう付き合っていないわけだし」

Posted by Aiko on   2 comments   0 trackback

日曜日に開催した「大人のための国語セミナー」にご参加くださった方から、早速ご感想をいただきましたありがと

ご紹介しますね~にへ


ハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃ

国語セミナーに参加してきました。

大人数なので、最初は緊張しちゃったけど、盛り上がってあっという間だった



まず最初に一人づつ音読。
どれだけ間違えずに音読できるか、2つのグループにわかれてのチーム対抗戦。

音読するときは勝手に間をあけるのではなく

「、」で間をあけ、
「、」は一拍、「。」は二拍置くって小学校で習ったよね、とAikoさん。

そうだったっけ~?とびびる。


他の人が音読している時、文章を目で追っていくと私自身が一文字読み飛ばしたり、逆に音読している人が読み飛ばしたりで、緊張もあるだろうけど、集中していてもちゃんとよめていないもんなんだな。


そして、次は文章の構造と、接続詞について。


文章ってこうなっているのか!とびっくり、そして難しい~。


練習問題をグループで、構造がどうなっているか、接続詞は何かを話し合う。


わかりやすいように、文章を切り取ったり、貼ったり出来るようハサミとセロテープが用意されていて

同じグループのEちゃんが、チョキチョキと切ってくれた
Eちゃん、ありがとう~

え~っと…ここはこうだから…

う~ん?
なんてなっていたけど
Eちゃんと、初めてお会いした女性がテキパキ進めてくれて、質問しつつ何となくわかった。

けど、家に帰って読んでみると、

???
難しい~…。

そういえば、国語は好きだったけど、要点は?と聞かれるとよくわからなかったなぁ~っと思い出した。

練習していけば、わかるようになるかのな

あと、一番びっくりしたのが

「しかし」と「ただし」。

「しかし」がつくとその後にくる事が重要で、

「ただし」はその前の事が重要。

私は反対に捉えていた本当にびっくり。


アフターでその事を話したら、めんたねチームの方達が


「ただし、イケメンに限る」という文があるからと言っていて


先ほどの女性が

「『しかし、イケメンに限る』だと、絶対にイケメンしか駄目って感じで、きつく聞こえますね~。」と言っていて

なるほど~

「限る」となっているから、イケメンしか駄目なんだろうけど
「ただし」とつける事によって、重要ではありませんよ~という印象にしているのか

勉強になるなぁ~


そんでもって、次は「事実」と「意味」。

「意味」というのは、主観とか頭の中の解釈。

これはDAYBREAKでAikoさんにみっちり教えてもらっているし(笑)

文章を「事実」と「意味」とにわけていくと、見た目にもわかりやすく、より理解できた。

ひとつの文章の中にも、「事実」と「意味」があって


例えば

「その彼氏とはもう付き合っていないわけだし」

という文章だと、「その彼氏とはもう付き合っていない」は事実として捉えてもよいとして


「わけだし」が意味になっているとAikoさん。


おおっ!


「その彼氏とはもう付き合っていない、と言っていたし」となら、事実となるかな?

ちゃんとちゃんとに通じるお話満載ですごく楽しかった


冬の陣参加したい



ハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃハートハートぃっぱぃ


えーっと、まず、ご質問にお答えしますね。

>「その彼氏とはもう付き合っていない、と言っていたし」となら、事実となるかな?

なりません。(笑)

どこがならないかと言うと、「し」です。
「その彼氏とはもう付き合っていない、と言っていた」までは事実ですが。

「し」というのは、原因や理由を示す接続助詞です。
で、この場合の「し」が、なんの「原因や理由」かって言うと、本文を読まれた方はおわかりの通り「彼女が○○するのは当然だ」ってことですね。

ところが、それは「事実」ではありませんね。
発話者のオモイコミ妄想にすぎないわけです。

だから、「し」は、「意味」です。

事実と妄想の間に「言っていた」という新たな事実をくっつけても、多少言葉を差し替えても、妄想は妄想です。
頭の中と外にあるものが混ざり合うことは起きません。
わかりますか~?


・・・と。まー。てな感じで。

コラボパートナーのこうじさんに「Aikoさん厳しい・・・」と言われ
セミナーにご参加くださったプロの作家さんにも「厳しい・・」と言われ
(ついでに同業の編集者さんたちからは常日頃から「明快国語辞典本」とあだ名され)
る、くらい、端々まで追いつめていきながらコトバと付き合ってるわけですがてへ

わたしの個人セッションをご利用くださった方や
あと、ちゃんとちゃんとワークショップにご参加くださってるみなさまには
ご体験いただいている通り

コトバを明らかにしていくと、意識のフォーカスが定まるので
思考がシンプルになっていきます。
言い換えれば、余分なこと考えなくなってくるのね。


んで。

余分なこと考えないようになってくると、何かトラブルやチャレンジがあるときも
「有効柔道。!」な手が打って行けるようになるのですわ。

ほら、モヤモヤぐしゃぐしゃしてるときって、たいがい、考え込んで動けなくなってるときでしょ?
想像を妄想でふくらませて、頭の中で、あーでもないこーでもない、あーなったらこーなったらって、よからぬシミュレーション(笑)が活性化してる状態。
・・どう? ちがう?

でも、シンプル化していくと、シミュレーションのプログラムが止まり、行動化のハードルが下がるのです。
だから、現実に対して建設的な働きかけができるようになるってわけ。
(→そしてその結果、人生も加速します!イエーイ!!

仕組みがわかっちゃうと、簡単!デスねっうんうん
and 面白いよねー(*'∀`*)v



ペタしてね


ゆっくりじっくり、コトバと意識の関わりを学ぶ
1年コースのワークショップです。
思考をシンプル化して人生を加速成長させたい方におすすめです。

星ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ星
星 ワークショップについて、詳しくは
→こちらをご覧ください。
星 過去のレポートは→ こちらです。
星 いただいたご感想は→ こちらです。

星 お申込・お問合せ→手紙DAYBREAK healing room手紙


「何を言いたいのか考えずに言ってしまっているのが原因^^;」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

パソ子が不調で、ここ数日ブログが書けませんでした.....shun...*
もし更新を楽しみにしてくださったる方がいらしたらごめんなさい。ごめんなさい




このクラスは、今回からついにラストの「伝える」フェーズに突入。

「伝える」ってこと考えたとき、言い方とかテクニックとかより、まず何より大事なのは
「伝えたいことは何なのか?」
ってことです。


ま、自分自身の中で、それがひとつの意図に統一できてるときは簡単なんですけどね。

いつもそういうわけにはいかなくて。

特に、自分自身でもうまく気づけてないところに隠れた意図や意識の混乱があったりすると、それは、まずは非言語的メッセージとして、次には言語的メッセージとして、見え隠れ、してしまうものみたいなんですわ。


言語的メッセージと非言語的メッセージが矛盾してる場合のことは、以前、ダブルバインドの問題としてここのブログでも書いたと思うんですが、口に出して言ってることなのに、思ってることと違うことをウッカリ言ってる、みたいなことも、割とよくあります。

特に、ウッカリしやすいにも関わらず、気づきにくいことのひとつに、言葉の選択というのがあります。
他にもたくさん言い方があるにもかかわらず、なぜそのコトバを選んだのか、ってとこ。


通常は、割とあんまり考えないでアタマに浮かんで来た言葉をそのまま採用しちゃってることが多いのかな?と思いますけど。(だから気づきにくいのですが)

でも、自分が伝えたかったことに対して、思ってない反応が来るようなときは、「この言葉の選択であってたのか、どうなのか」を考えなおしてみると、思いがけない発見があったり、それまでうまくいかなかった関係性に変化が生じたりすることがあります。


たとえば・・・

昨年度の「ちゃんとちゃんとWS」にご参加くださっていたSさんうさぎが,最近体験されたことなんですが。


bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*

お客様への手土産を頼まれて
予算と条件に合う品が思い浮かばず

前に、同僚が某ホテルの焼き菓子は
予算と条件に合うと教えてもらったけど
同じお客様だとマズイので

同僚に某ホテルで買った手土産は
どこのお客様あてか覚えてる?と聞いた。

覚えてません。と仏頂面で言われ
プイとされてしまったので

あら、困ったなぁ、、と思った。

しばらーくたって
同僚が書類をゴソゴソ調べて
さっきの◯△会社です。と教えてくれた。

私は同僚が覚えてるかを知りたかったのではなく
客先を教えてもらいたかったのだ。

そもそも私の言い方が間違ってる。

何を言いたいのか考えずに言ってしまっているのが原因^^;

同僚に察してもらえるだろうと期待して
あてが外れて困っただけだった。


bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*kirakira*bubble*


・・・ねうんうん


このケースだと、たぶん、Sさんうさぎは同僚さんに話しかける前に
「このお菓子、以前もどなたかに差し上げたはずよね・・?」
「あれ、あのお客様、どちらの会社様だったかしら・・?」
って思ったんじゃないかと思うんですね。

つまり、記憶を探るような意識の働かせ方をしたんじゃないかと。

で、「そうだそうだ、差し上げたってことは覚えてる」とか。
「でもお客先は・・・うーん、思い出せないなあ」とか。
そういう内的会話の下地に乗っかって同僚さんに話しかけたから、

「覚えてる?」
と、記憶の有無を尋ねる質問をしちゃったのじゃないかと思います。


でも、同僚さんは、自分に話しかけてくる前にSさんうさぎがアタマの中で何をやってたか知りませんのですね。

同僚さんの立場からすると、そのときご自分がされてる仕事となんの脈絡もないことについて、覚えてるかどうか尋ねられたわけで。
「は? ・・・いきなり、何??(ムッ)」
となってしまったのですわ。

でも、そこで、自分も同僚さんの不機嫌に反応して「ムッ」とするのは簡単だし、やっちゃいがちなことだと思うんですけど。
Sさんうさぎの場合は、「自分が何を伝えたいのか?」=「知りたいことはなんだったのか?」の視点で考え直してみたことによって


うさぎそもそも私の言い方が間違ってる。

うさぎ私は同僚が覚えてるかを知りたかったのではなく、客先を教えてもらいたかったのだ。


ということに気づけたっていうわけ。すばらしいですね~キラキラ


Sさん曰く、


うさぎ前の私だったら
人が聞いているのに、あぁー 気分悪っ」
となっていたのですが
こういう風に思えるようになれたのは
ちゃんとちゃんとのおかげです^^



・・・とのこと。


うふふっ。
ワークショップをうまく活用してくださっていて、嬉しいです(*'∀`*)v



言葉の選択って、今まであんまり考えたことなかったなあ・・という方。
考えてたけど、なんだか間違えてるときがあるような気がする・・・という方。

そこらあたりをどーんとまとめて、7/8に行う「大人のための国語セミナー」で扱います。
もしご都合が大丈夫でしたら、ぜひどうぞ! 


大人のための国語セミナー
クリックhttp://goodcommunication.jimdo.com/クリック
会場の都合で人数制限があります。お早めのお申し込みをお勧めします。




ペタしてね



それはたぶん、「白黒つける」ってコトバのせい。

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップにご参加くださってる方が、ご感想をブログにUPしてくださいました。

他の方にもお役に立つハナシみたいに思ったので、ご紹介しますねーぺこり


きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。

何時も色々毎回吸収してますが、この日、言われてはっ( ̄□ ̄;)!!として、また胃が痒くなったアタシ(笑)

基本的に私は昔から物事は白黒付かないと、いや付けないと気が済まない性格でして(笑)

ところが、それを言ったら

『白黒付けるって言ってる時って、黒で終わらせようとしてるよね』

と言われて


(@Д@;

胃が痒い(笑)


そうだ、アタシいつも黒だ。
いつもなんでも黒で終わらせて生きてきたアタシな訳です(^▽^;)


オセロの白黒みたいに、黒がありゃ、そら白がありますよね(笑)


そっか、白で終わらせればいいんだ。

どんだけお馬鹿なんだアタシ・・・。


きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。キラキラ*きいろ。



あはははは~二ヒヒ 胃が痒くなっちゃいましたか(笑)

ちゃんとちゃんとワークショップは、参加者の方が実生活の中で出会っている出来事をシェアしていただき、それを解決していくやり方を見出していくようなスタイルで行っているのですけどね。

実は、この方が「白黒つけるぱんだとおっしゃるのを聞くのって、もう何回目かなあ・・くらい、よく伺っていただのです。

んで。

その言葉を口にされるときってのが、たいがい「終わりにする」未来を想定されてるようなので、今回ちらっとご指摘させていただいたという次第。ニヤリ



・・・のですが。



この記事を見る限りだと。

ご自分が、「終わりにする」未来を想定してるっていう事実に、この方、いまいち気づいていらっしゃらなかった模様・・・sei


で、思うんですけど。

たぶんそれは「白黒つける」ってコトバのせい。
コトバの中に「白」「黒」が、両方入ってるせい。Queenly


そのせいで、

ご自分が、ご自身の未来に「黒」しか見てないことを意識化せずに済んじゃってるのだわ。

もっと言うと、ご自分の中に「白」を希望する気持ちがあることを、意識化させないようにしちゃってるのだわ。



・・ま、あのですね。


別にそれが「悪い」ってわけじゃないんです。
けど、わたし的に見ると、こういうのって不利だと思うわけ。うんうん


だってさ。

どうしたいかわかってるのに、そうじゃない未来に向かって進もうとしてるって。
左に行きたいのに、右にハンドル切ろうとしてるようなもんじゃないですか。
そういうやり方してたら、行きたいとこにたどり着くのって、すごく大変そうじゃない?つづら折あり

だったら「白黒つける」なんてコトバでモヤモヤさせてないで、行きたい先をしっかり見据えた方が早いんじゃないかって思うんですよね~横断歩道
どうかしらん?



あ、ちなみに。

こういう特殊な言葉遣いが出てくるときって、本人が自覚できてない感情が乗ってることが多いです。
(ちゃんとちゃんとワークショップに参加されてる方は、テキスト見直してみてねキラキラ


「自分がどうしたいのかよくわからない」って言われる方、個人セッションなどでもよくお会いしますけれど。

どんな場面で、どんなコトバを使ってるか・・・

よくよく観察してみると、自分のこと、自分の望みを、より深く知ることができるんじゃないかなって思いますよん。

面白いでしょ。(*'∀`*)v


ipodfile.jpg


さらにちなみに。

コトバと意識を明確に繋いで、「自分がなんのことを考えているか」「自分は何を望んでいるか」わかるスキルを身につけたい方は、ぜひ、7/8に予定している「大人のための国語セミナー」へ。

楽しいワークをいっぱいご用意してお待ちしております!


大人のための国語セミナー
クリックhttp://goodcommunication.jimdo.com/クリック
会場の都合で人数制限があります。お早めのお申し込みをお勧めします。



ペタしてね


「どうしてこの人と結婚しちゃったんだろうと後悔ばかりしていました。」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

「ずっと長いこと闇の中に立ち止まっていたみたい。
 これでやっと前に進めるようになったと感じます。」


ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップに参加されてる方から、こんなご感想をいただきました。


良かったですねえ!!と、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

よくここまで頑張って進んでこられたなあと、感動して、感激して・・・実は、ちょっと涙。(泣き虫なんです)

人って本当に変わるんだなと、今日もまた改めて教えていただきました。
すごく嬉しいので、ぜひ、こちらでもシェアさせていただきたいと思います。




実は。
この方は、ダンナさまとの関係性について、ずいぶん長いこと悩んでいらっしゃいました。

もう別れてしまった方がいいのじゃないかと思ったことも・・・「離婚」という言葉が頭に浮かんだことも、一度や二度ではないそうです。
ダンナさまと二人でいるとき、家の中に居場所がないような気がする、ともおっしゃっていました。

事実、ワークショップでも、ダンナさまとのやり取りについて整理してみたい、というシェアを何度かご提出くださっていました。

あ、「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝える」ワークショップは、ご参加されているみなさまが、日頃悩んでおられることや、困っていることなどを、もう一度整理し直していただく場でもあるんですね。
相互シェアの中で、わたしの方から二、三のご質問をさせていただいているうちにご自身で整理がついてしまうものもありますし、必要があれば、公開セッションになることもあります。

テキストはご用意していますけれど、それを、たとえば丸暗記できたとしてもね、日常生活が変わらなかったら意味がないじゃないですか。
ですから、ノートも、あまり取らないでくださいねとお願いしています。
毎月1回、3時間のワークショップの中で、ご自分にピンと来たところだけをメモってお帰りいただくことにしてるのです。


・・と、話がややずれましたが(汗)、もとに戻すと。


この方は、えーっと、前々回かな?

ちょうどその日のテーマになっていたことから派生して、ダンナさまとの、何年も前の夫婦喧嘩のエピソードをシェアしてくださいました。

ま、夫婦喧嘩っていうのはね。
どこもそうだと思うんですけど(ウチもですが)、割と他愛もないようなことで起こるのですよね。

この方も、自分としては気になって思い出してしまうことの多い喧嘩ではあったけど、ふだんの生活の中でも似たようなことはいくつもあって、という前提を置かれてからお話くださったのです。



ところが。


わたしの方から、あることを感じたままにフィードバックしたところ。




この方は、一瞬驚いた顔をされ。


「そうかも・・・しれませんね」


と、おっしゃった途端に、涙が一粒。
つつーっと頬を転がり落ちました。


「考えたことなかったけど、・・・そうだ。」
「・・・ああ・・・・ほんとにそうだ。そうだったんだわ。」


すると、何かの堰を切ったように両方の目から涙がどんどん溢れ出し。


しばらく静かに泣いておられました。




そして、いただいたのが、今回のご感想です。
文章の中には、こんなことも書かれていました。


「理由はわかりません。
ただ、前々回のちゃんとちゃんとWSの時にシェアした事が癒された時に、大きく何かが動いたのはわかります。」

「どうしてこの人と結婚しちゃったんだろうと後悔ばかりしていました。

毎日が不幸に思えて、すっごく苦しくて辛かったです。」

「それが、今では、この人と結婚してよかったと思えるようになっています。
それだけで、とっても幸せに思えます。」

「やっと見つけました。
 今、ここが私の居場所だと。」



良かったですね。
ほんとうに、ほんとうに、おめでとうございます。

ご夫婦のますますのお幸せを、心からお祈りせずにいられません。






星ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ参加者募集中星
ワークショップについて、詳しくは
→こちらをご覧ください。
お申込・お問合せ→手紙DAYBREAK healing room手紙


ペタしてね



蝶々 
写真は、昨年、DAYBREAKレイキ受講生のみなさまとパワスポツアーに行った際、貴船神社結社(ゆいのやしろ)にあった不思議な木です。
ちなみに、こちらの神社のご祭神は磐長姫命(いわながひめのみこと)さま。
「我長くここにありて縁結びの神として世のため人のために良縁を得させん」と宣われ、縁結びの神様として、こちらの地に鎮座されているとのことです。
このブログをお読みくださっているあなたさまにも、良いご縁の恵みがありますように。


「胃が痒くなる」人

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝える」をテーマにした、
コミュニケーションのワークショップを毎月1回、開催しています。
  
  「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ」

  http://www.geocities.jp/healing_day_break/pg100.html


全10回の連続ワークショップで、
土日コース、平日コース、スカイプコースの3クラスで展開しているのですが、
平日コースにご参加くださっている方から、
年末に行った、第3回目へのご感想をいただきました。

面白かったので、こちらでもご紹介させてください^^



シャボン玉ハートシャボン玉ハートシャボン玉ハートシャボン玉ハートシャボン玉


(タイトル)
「ブロッキング&ニーズで胃が痒くなった日」
  ↑
  もう、タイトルから笑っちゃうわたし(^o^)


(ご感想)
ブロッキングとニーズについて。
自分がそうだと思ってはいなかった事、当てはまった事、両方ありました。
結構自分がブロックしている事って多いなあ・・・と思った。

自分の尺度で色んな物事を観ていて、でもその尺度は
当たり前だけど、人によって違う。とらえ方も違う。
人によって大切ななニーズも違う。


ニーズのワークは、沢山ある項目の中から
自分が気になるものを10選択。

この日選んだ10は

・大切にされている。
・正確さ。
・気ままにやれる。
・まっすぐさ。
・制御を受けない。
・静けさ。
・穏やかさ。
・安定している。
・キャパシティ。
・責任。

更にその10の中から4つ選ぶ。
選んだ4つはまさに今の自分を表すかのよう(笑)

・気ままにやれる。
・制御を受けない。
・穏やかさ。
・キャパシティ。

・・・・・・・・・・・・(゚_゚i)

なんとも言えない感覚でございました。

意識すると、日ごろ結構勝手に思い込んでしまっていることが
多いもんだなとも思う。

そして前日にあった出来事の内容を話して、分析しているうちに、
どつぼにハマッてたことに気づき Σ(~∀~||;)
胃が非常に痒くなりました(汗)

物事は、自分のとらえ方一つで全然変わる。

う、これ書いててまた胃が痒くなった(苦笑)


自分を見ているようで実はちゃんと観れて居なかったりすることが分かったし、観れていないからこそ、書き出すと気が付いたりすることがあるなと思った。

ちなみに、ブロッキングについては、色んなブロガーの方々が書いていてなんとなく知っていたけど・・・いざワークショップを受けて、テキストの中にほんの一例があったのを読んで、これも!?ってのが結構ありました。




シャボン玉ハートシャボン玉ハートシャボン玉ハートシャボン玉ハートシャボン玉



つうことで・・・・

本日は、
胃が痒くなる
という珍しい体験笑のシェアでしたはーと

ちゃんとちゃんとWSの参加者さまに、
時折見られる症状のようではありますが・・・キャハハ


シェアしてくださったSさん(´・ω・`)、ありがとうございましたハート


次回もまた、胃が痒くなるようなオープンセッションでお待ちしておりまする~ (*'∀`*)v


Love Yourself and Live Brilliantly!



"それはそれでいいんじゃないですか" の "壁”

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ」に参加してくださっているMさんフローレンから、SNSの方へシェアをいただきました。

なるほど~!!と思ったので、こちらでもご紹介させてくださいねまるちゃん風


題して、「"それはそれでいいんじゃないですか" の "


では、Mさんフローレン、どうぞ!!




キラキラおんぷキラキラおんぷキラキラおんぷキラキラ フローレン キラキラおんぷキラキラおんぷキラキラおんぷキラキラ


ワークショップのとき、別の参加者の方のお話を聞いて、
人の話を聞くときに、認めてあげることが
すごく大切なんだなあ、と感じたことがあった。


人が自分と違う嗜好を持ってたときに
それはそれでいいんじゃないですか」って対応をしたら、
相手に納得してもらえなかった、という話。
(・・・だったかな? 「ちゃんと」聞けてないかも!汗(^^;;;)


わたしも、「それはそれでいいんじゃないですか」
っていうので、認めてあげてる気になってたけど、
共感とは程遠いな・・・むしろ壁がある
「同感」する必要はないけど、
「共感」してあげられる、って相手との関係性を
深めるためには重要要素なんだなあ。


たとえば、ある日のブログで、
「背中を痛めてて、もしかしたら四十肩なのかな?」
って日記を書いたら、ネット上で知り合いの方から
「運動不足なんじゃない?」と書き込みがあり。


そのとき私はいらっときたんですね。


確かに四十肩は運動不足が原因と言われてるんだけど、
「あー、わかります、自分もやったことある、痛いよね、あれ。
でももしかして運動不足なんじゃないですか?」
っていう書き込みだったら、いらっとこない。


最初に共感してもらうとか、認めてもらったら、
そのあと改善点を指摘されても、素直に受け取れるのよね。


わー、やばいなあ。
自分はぜんぜん実践できてないな。


それと、この日記のこと書いてて思ったんだけど、
原因を決め付けられちゃう、っていうのも、
自分がネガティブに受け取ってしまうことなら、
例えそうだったとしてもむかつくね。


だからAikoさんは、私に質問形式で考えさせて、
自分で答えをみつけられるよう導いてくれてるだな・・・
おお、なんてかしこいんだ!
自分で気がついた改善すべき点は、
うわなおさなくちゃ!って思うものね。


これは子育てにも応用したいが・・・
つい感情的になっちゃうんだよなあ・・・


キラキラおんぷキラキラおんぷキラキラおんぷキラキラ フローレン キラキラおんぷキラキラおんぷキラキラおんぷキラキラ


いかがでしょ?


誰でもきっと、あるあるあるある・・・な、あるあるネタ(笑)じゃないかな~と思うんですが・・・きゃー


で。

「ちゃんと&ちゃんとWS」的に解説すると、このエピソードのポイントは、つあるかなっと思います。



1つ目は、Mさんフローレン がご指摘されてるように、「最初に共感する」ということ。
言い換えると、まずは受け取る、ってことだと思います。

なぜかと言うと、会話はキャッチボールだからです。

相手が投げたボールを、受け取って、同じボールを投げる。
すると、相手がそのボールを、受け取って、また同じボールを投げる。

キャッチボールって、そういうゲームですよね?

相手が投げたボールを無視して自分のボールを相手に投げつけるなら、それはキャッチボールしてるように見えるかもしれないけど、実のところ、向かい合ってボールを交互に投げ合うっていう順番待ちのゲームをしてるだけなんですわね。
(あ、文章だけだとわかりにくい? WSではアクション付きで説明してますが 笑)

で、「それはそれでいいんじゃないですか」っていうのはね、自分の意見(=自分のボール)です。
つまり、相手が投げてきたボールじゃないのだわ。


だから、相手にしてみたら
「いま来たボールって、さっき自分が投げたボールと違くね??」
言葉つきはもっとお上品かもしれませんが(笑)違和感を感じるわけだし、
なんか納得いかない
そういう話をしてるんじゃなくて
という・・こう、微妙な空気aseが流れ出す。と。
そういう仕組みになってるんですね、はい ううっ...


んで。

そいじゃ、


そもそも相手が投げたボールは どんなボールだったのか?



ここが、2つ目のポイントになろうかと思います。


さあ・・・・どんなボールだったんでしょうね??

これかな?と思うことがあったらコメント欄へどうぞ~Wハート


解説は、せっかくアメンバー申請してくださってる方がいらっしゃるので後日アメンバー日記でUPしますね~おんぷ




Love Yourself and Live Brilliantly!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。