DAYBREAK healing room

REIKI伝授&スピリチュアルナビゲート -自分自身をクリアにし、願いを叶える自分になろう!-

About me

Love yourself
and
Live Brilliantly!

スポンサーサイト

Posted by Aiko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にか、自分も相手も、同じように大切にできるように、なってる。

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

日曜日は、「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝える 入門編」ワークショップを開催しました。


2月にも同じテキストを使って、同じWSをしたのだけど、やっぱりまた、内容が全然違う・・
おいでくださった方に応じて進めてると、どうしてもそうなっちゃうんだよなぁ。
毎回同じこと喋ってたら飽きちゃうから、ワタシ的には楽しくていいんですけど。(←飽きっぽい)


てなことで。
今回ご参加くださった方から、ご感想をいただいたのでシェアさせてください。


(Fさま)

一緒に参加されたかたの 困ってる話を聞いて、
わたしも同じことをやってて、
ずっとそれで困ってたんだということが
思い出された。

いい妻いいお母さんでいたいと思ってて
自分が話したいこと、聞きたいことがあっても 
いつ話せばいいのか いつ聞いていいのか 
タイミングがわからず、
数年も話せない聞けない状態のままでいたことがあった。

相手の顔色を伺って 機嫌を取りながら
いつがタイミングがいいのか? なんてしてたら
ずっと 話せない 聞けないままで
自分勝手な判断で 相手に迷惑をかけることもあったし
自分はひとりでやっててものすごく疲れた。


でも、ちゃんとちゃんとWS第一期を受けて 
いつの間にか 相手の機嫌をとったり
いつ 話せばいいのかタイミングがわからなくて
聞けないということがなくなったなと思った。


いまでもたまに
夫に話してもなー とか
機嫌のよさそうなときに話したほうがいいかな? と
思っちゃうこともあって・・

たぶんそれは

わたしが期待する反応が得られないんじゃないか
反対されるかもしれない

わたしの子供に対する気持ちは
夫にわかってもらえないんじゃないのか

わかってもらえなかったら
反対されたら 
わたしはひとりでもやりたいようにする
勝手にするしかないかな

なんて思うとき。


でも 夫に聞いてみなくちゃ 夫の本当の気持ちも
考えもわからない。  

これじゃ まるきり夫の存在を無視してることになる。

わたしがわかってもらえないかも
反対されるかもと思うのは 
わたしの中から出てきたもので、夫のものではないから。


結婚して 一緒に生活をする
子供がいる  楽しく暮らす 
いい時も悪い時も一緒にいるを続けて行くってことは
相手の存在を認めることからだよね。



ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップの本編は
毎月1回、×12回の通年コースです。

んで。

ご参加くださってる方から このFさんみたいに
「いつの間にか」
というコトバを聞くことが、ホントにホントに多いです(笑)


いつの間にか、ラクでいられる考え方が身に付いてる。
いつの間にか、自分も相手も、同じように大切にできるように、なってる。
いつの間にか、ラクでいられる考え方が身に付いてる。


周囲の人たちと心地よい関係性をつくりたい、って
わたしたち たぶん、誰でも思ってる。と思うの。

そして、そのコツは・・・・
「相手の存在を認めることから」
そう、Fさんが書かれてる通りに。

Fさん、すてきなシェアをありがとうございました。





saku1.jpg

以前、Fさんとは別のクラスで、ちゃんとちゃんとに参加してくださってた方から
終了後のご感想で
「相手にとっても、自分にとっても気持ちの良い関係性にできるコミュニケーション。
どちらにも損がないように、そしてむしろオマケ(+)をもらえちゃうような関係性をつくれるようになっていました」
と、教えてくださったことがあります。
「月1で、じっくり自分に落とし込めたのが良かった」
とも。

クラスごとに、違うハナシをしてるんだけど、
やっぱり同じところに行き着くのが、また、
ちゃんとちゃんとの面白いとこなんだよね~ てへ


ただし、じわじわ。です。


いますぐ!
即効で!
魔法のように一瞬で!
関係性をちゃぶ台返しみたいに変えたい!!!!!

・・と、思ってる方には、ごめんなさいね。ご期待に添えないんですけど。

脳には可塑性って性質があって、何事も急激に変えるのは難しいんだそうですから
「いつの間にか」が、イイんじゃないかなーっと思っています。

急に無理しても、苦しいだけだしねー  クルシイのキライ

ちゃんと受け取る&ちゃんと伝える入門編【関西】
4月21日 13:00~16:00 残席2
お問い合せは
→こちらからどうぞ


「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ」
  第三期生募集中!

土日[昼]コース 残席3(初回4/28)  
土日[昼]仙台コース 残席3(初回4/14) 
平日[夜]コース 残席3(初回未定) 
スカイプ[週末深夜]コース 残席0(初回4/13)
   
詳しくは→こちらへ



スポンサーサイト

ひんやり冷えててどっしり重い・・

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

いまさら。。。? くらい遅いお礼で恐縮ですがなみだ



みなさま

誕生日誕生日をお祝いくださってありがとうございましたーわぁい



18日の朝、バタバタとワークショップの準備をしているところへ宅配便屋さん。ぴんぽん

玄関に出てくれた息子が
「おかーさんに荷物来た」(←大学生にもなって、この言い方。助詞はどこ行った? ぶつぶつ)

振り向き様に渡された箱は、ひんやり冷えててどっしり重い・・・・y’s


開けてみたら


きゃーっうひゃ。2


ipodfile.jpg


大きな大きな夏ミカン!!


中はね、ゼリーになってるんですよ~キャー
これがまた、めっちゃくちゃ美味しいの。

ツルツル大好き、フルーツ大好きなワタシが嬉しいものを知っててくださって、大感激。
さすが、おもてなし上手のSさま。
わたしもこんな心遣いのできる女性になりたいです・・・うっとり


そして午後は灼熱のワークショップ。
「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝える」

前回、"心の境界線"について扱ったら、まさにズバリの体験をしたばかりだった参加者のMさんまゆが爆裂(笑)されてたので、その補足になるようなオハナシから。

「ちゃんとちゃんと」はコミュニケーションのワークショップなんだけど、特に大切にしてるのは「自分自身とのコミュニケートをどう取るか?」って部分。
話し方教室とかいろいろありますけどね、ここをおざなりにしてると、どんなテクニックを覚えても、上っ面をなでてるだけで終了で、痛いコミュニケーションから抜けられないです。
あ、痛い、っていうのは、他人が「イタイな・・」と感じる(涙)ってこと以上に、自分自身を傷つけるって意味ね。ばんそうこう

んでもって。

それは、やっぱりコトバの問題なのですわ。
なぜなら、わたしたちって誰でもコトバを使って思考してるから。
逆に言うなら、わたしたちは、自分がもってるコトバの範囲でしか思考できないってことね。
んで、それは、ある概念をコトバとして捉えた瞬間から、その概念に、そのコトバがもってるニュアンスをくっつけてしまうことでもあるんだわあ。

・・・と、ついつい次第にまたワークショップモード入りつつありますが。

このまま3時間分書いちゃうと読んでる人がたいへんなので
(っていうか、まだそこにいる? まだ読んでる? ねえねえっ?!焦

これはつまりこういうハナシをしてたんだよ~ん、ってコトでホワイトボードの写真を再UP。

ipodfile.jpg


たぶん、こういうこと意識しながらコトバを使えるようになると、これまで以上に自分を深く知ることができるし、他人から聞く話からは一度にいくつものことが学べるようになるんだと思うんだわ。オトクなのよん。エヘ

・・・・あ、自分自身のブロッキングを片付けるのが前提で。(なので、ちゃんとちゃんとの前半はブロック発見をガシガシやるわけですキラキラ


アフターは、参加者のみなさまが
「今日はAikoさんの行きたいところに行きましょう!」
と言ってくださったので(嬉) ワインも美味しいイタリアンへ。

ipodfile.jpg


スプマンテで乾杯してもらっっちゃったんだよ~んわぁい



んで。

帰宅すると、バイトから帰った息子が

「乙! ほらこれ」

と、こんなものを。

ipodfile.jpg


うれしーじーんと感激してたら、くれた本人から「安上がりに喜ぶ母」と揶揄されましたが・・・

母はですね。
アナタがわたしのこと考えてくれて、自分で働いたバイト代からプレゼントくれたってことにじ~んとしたんだよーハート
そゆ感動に、値段なんかどうでもいいのだ。プライスレス。
生きてて良かった。生んでよかった。
ここまで無事に大きくなってくれて、ありがとさん。(*'∀`*)v




ペタしてね

普通に使ってるコトバだからこそ、気がつかない

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

昨日は、[ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ]土日コースでした。


またまたアフターまで盛りだくさんにいろいろあって楽しかったんだけど、

今日は今日で朝からえらい忙しいんで、取り急ぎ写真UP[みんな:01]

photo:01



↑これは、「◯◯がある」つうコトバが、なんでそうイヤな感じに聞こえるのかなどレクチャー中のホワイトボード。

ここがクリアになると、いわゆる「共依存」とか「境界線」とかのモンダイが一挙解決だから、じっくりネチネチやってきました。

普通に使ってるコトバだからこそ、気づかないしハマりやすいんだよねえ……
コトバと意識の相関関係、要注意なんだわ、ホントに[みんな:02]


あとそして、昨日は誕生日で、お祝いたくさんありがとうございました!

びっくり嬉しくて、感激です!




iPhoneからの投稿

ちゃんとちゃんと2連ちゃん

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

昨日は、「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ」土日コースの日でした。

一昨日は平日コースをやったので、ちゃんとちゃんと2連ちゃんチャンチャン


平日コースは、「心の発達段階」てな話題を扱いました。
うんとちっちゃい頃の家庭環境が、コミュニケーションスタイルに影響を及ぼしてるってハナシなども。
みなさん、かなり身に覚えがあるらしく真剣に聞いてくださって、シェアタイムも盛り上がりました。

小さい頃ああだったから、いまこうなんだ・・・っていう話題はね、なんだか「定められた運命」「呪われた自分」みたいに受け取る方が多くて、ともすれば重くなってしまうんですけど、わたしのスタンスはちょっと違って

「それがわかれば、解決できる」

です。

自分はどうしてこうなんだろう?
他の人と違うのはおかしいんじゃないか?
って、いろんなことで悩んでしまう方って、いらっしゃると思うんですけどね。

それで、外側だけ「ひとなみ」にしようとして、自分の心を押しつぶしてしまう方も、少なくないように思うんですけどね。

そういうところに、その人の解決はないわけで。
(だって辛くなる一方でしょう)

ああ自分はこういうクセをもってるんだな、と知ることで、そのクセに支配されている状態から抜け出すことができると考えています。
現実に問題となるのは、そういうクセがあること自体じゃなくて、そのクセに煽られるようにして、自分にとって不都合な行動選択をしてしまうパターンの方だからです。

じゃ、どうやって?ってあたりは、LYSワークショップで詳しく扱っていて、セルフセッションもできるようにお伝えしてるので、ここでは細かく書きませんが・・・(ていうか、とても書ききれない ごめん




そして昨日の土日コースは、「心の境界線」てなハナシを。

これもまた、コミュニケーションや人間関係ってだけじゃなく、その人の人生全体に影響するような、すっごく重要なテーマなんですよね。
どうかすると生命さえ左右することがあるという・・・ガーン・・

先月はサラッと説明しただけだったんで、今月は、お互いにシェアし合っていただきつつ、だいぶ深くまで掘りました。
(この手のテーマのとき、土日コースはいつも熱いよね うんうん



んで。

ま、オシゴトの話ばかりでも、アレなんで。

昨日のアフターでいただいてきた、美味しいモノの写真を公開ね(*'∀`*)v


photo:01




photo:02



photo:03


イタリアンな絶品の数々と口当たりのいいロゼワインの合間合間に、リーディングやらカウンセリングやら、たっぷりフォローセッションをさせていただき。

充実。
ヨクハタラキマシタOK


ペタしてね

想定外…

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

今日は「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ」平日コース。





いつもと違う会場だったので



開始前のゴハンも

いつもと違うサンドウィッチ。うまし



photo:01






そのせいだかなんだか……





テキストから大幅に脱線しつつ進行し



「このクラスでしか喋ってない」



連発したまま終了時間[みんな:01]








想定外……




なんだけど。


いらした方はお得だったかも(笑)









いやぁ……



充実してたわあぁ[みんな:02]









iPhoneからの投稿

「お風呂を上がったら、足拭きマットはバーにかけてほしいんです。」解決編

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

Mさんと足拭マットの話の続きです。

前回の記事
矢印「お風呂を上がったら、足拭きマットはバーにかけてほしいんです。」





さてさて。

渾身のIメッセージも通じなかったMさんおねえさん

相変わらず、脱衣所に足拭マットを発見しては
ああーっ怒り また!
と、イラつく毎日を送っていらっしゃいました。

と。

そんなある日。

自転車に乗ってる最中だったと伺いましたが、ふと、こんな考えがよぎったそうです。


おねえさん「わたしは、ダンナが「いつも足拭マットを出しっ放しにしてる」と思ってる」

おねえさん「けど・・・これって、もしかしたら」

おねえさん「ちゃんとWSでやった決めつけの方程式なんじゃない?」



決めつけの方程式っていうのは、こちらの記事に詳しくUPしておりますが

YOU

いつも/ぜったい/たいてい/だいたい/ばっかり


というアレでございますわね。




で。

そのことに思いが及んだ瞬間・・・


Mさんおねえさん、がーん!となったそうです。

ガーン「わたしは、ダンナをちゃんと見てなかった!

泣「【決めつけ】で思い込んで、それがダンナだと思ってた!


こういう風に「がーん!」となるのを、一般に「気付き」と呼んだりしますですね。

つまり、Mさんおねえさん、強烈に気づいちゃったのです。

自分はずっと、
「ダンナが足拭マットをバーにかけない」
っていう事実に腹を立ててるんだと思ってたけど、実際は、
「ダンナはいつも足拭マットをバーにかけない」
という【決めつけ】【思い込み】がつくったバーチャルに腹を立ててたってことに。





・・・ん?



だからどうなんだ・・・・??




それ以来ね、Mさんおねえさんの家から「いつも出しっ放しの足拭きマットバスマット」が消えてしまったのだそうです。
そして、その代わり、以前はまったく見えなかった、「バーにかかってる足拭きマットバスマット」が出現したのだそうです。笑


夢から醒めれば、夢は、ただの幻。


足拭マットは、出しっ放しのときもあれば、バーにかかってるときもあって、それが事実。
Mさんおねえさんの観察によれば、五分五分だったそうです。
いつも」なんてウソだったんです。



そいで。

「いつも出しっ放し」ではなくなった足拭マットは、ただの足拭きマットバスマットになり。


出ていれば「あら、出てるのね」とバーにかけ、
バーにかかっていたら「ありがとう」とダンナさまに言い。


Mさんおねえさん「不思議なんですけど、マットが出ていても、もう腹が立たないんです」


Mさんおねえさん一家の脱衣所には、WハートLoveLoveHappyWハートな平和が戻ったのでした。

めでたし、めでたし。







あのね・・・


「決めつけ」って、ほんとに怖いんですよ。


決めつけて思い込んでると、そこにないものが見えたり、あるものが見えなかったりします。

んなバカな、と思うかもしれませんが、意識っていうのはそういう働き方をするんですわ。

身近な例で言うと、憧れの片思いのカレがグラウンドで汗を流してる!カッコいい!!と隠し撮りしたんだけど、家に帰って写真を見たら、目の前にあった柵がドーンと映ってて、肝心なカレはピンボケだった・・・shun...* なんてこと。ありませんか?

カレに意識の焦点が当たってたから、柵は「ないもの」になっちゃってたんです。
そこにあるのに、見えないの。

もちろん、目からの視覚刺激はね、いろいろ入ってくるんですよ。
でも、意識の方がそれを拾い上げないと、「見た」という体験ができないんです。

つまり、「いつも出しっ放し」と決めてると、それに合う事実はよく見えるけど、合わない事実は見えて来ないの。

そして、記憶は、意識できたことを繋げてストーリーをつくってるだけですから。
ダンナさまがせっかく足拭マットをバーにかけている日があったとしても、Mさんおねえさんの記憶タンクに、その事実はエントリーを許されず。
そんな事実は「なかったこと」になってしまっていたというわけね。ダンナサマ、カワイソえーん


ちなみに・・・

さらに、そこに対して腹を立ててると、ヤヤコシサが増します。

以前のWS参加者さまの方の中には、
「隣の家がいつもウチの門の前を水浸しにしてる!」
という思い込みのせいで、マボロシに足を取られ、転んでケガまでしちゃった人もいるくらい・・・涙

ま、この方も、WSで気付きがあってお家に帰ったら
「きれいに掃除されてて、水なんかどこにもなかったんです・・・are?*
というミラクル体験をされてましたですが。*笑




てなことで。

ちゃんと受け取ること。

めっちゃ大事です。



「ちゃんと受け取る」
をやるだけで、日常生活のストレスが半減することも少なくありません。


目をしっかり見開き、マボロシから抜け出して
事実を見ましょう。(*'∀`*)v



関連記事
矢印「お風呂を上がったら、足拭きマットはバーにかけてほしいんです。」
矢印「混ぜるな危険」



ペタしてね


マボロシから目覚めたいけど、どうしたらいいかわからない方。
ワタシはマボロシなんか関係ないわよ! だって事実「いつも」なんだもの!! と思った方。

↓↓↓↓↓
目の前にあるHappyをちゃんと受け取ることができるよう強力にサポートします。
ご参加、お待ちしておりま~す
(*'∀`*)v

星ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ参加者募集中星
詳しくは
→こちらをご覧ください。
お申込・お問合せ→手紙DAYBREAK healing room手紙

「お風呂を上がったら、足拭きマットはバーにかけてほしいんです」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップで面白いシェアがあったのでご紹介しま~す(*'∀`*)v




Mさんおねえさんはね、ずーっとずーっと、すごくイヤだったんだそうです。


何が?って・・・


ダンナさまが、お風呂の足拭きマットバスマットを片付けてくれないことが。

ダンナさまがお風呂を上がったあとの洗面所に行くと、いつもマットが床に置きっぱなしになっていて。
それを見ると、ものすごく腹が立つのだそうです。

ああーっ怒り また!」って。


もちろん、これまで何度も注意してきたそうです。

おねえさんお風呂上がった後の足拭きマットが床に置きっぱなしになっているとね、
湿ったものが床にあるわけだから、床が湿気っちゃうでしょう。
そうなると、カビが生えてきちゃうかもしれないでしょう。
足拭きマットも乾かないから、次に使うとき気持ち悪いでしょう。
私は、それが嫌なんです。
だから、お風呂を上がったら、足拭きマットはバーにかけてほしいんです。


てな感じに、「Iメッセージ」使ったりしながら。


あ・・・いっこ解説。

Iメッセージっていうのは、「I(アイ、自分)」を主語にして会話するコミュニケーションスキルです。
"You"を主語にして
ムカおまめあなたがそこでゴロゴロしてると邪魔なのよ!」
と、言う代わりに
おまめあなたがそこで横になっていると、わたしは困るわ」
のように" I "を主語にして自分の状況を客観的に伝えることで、相手を責めたり、自分が卑屈になったりする必要なく、円滑なコミュニケーションができますよ、っていう方法論です。
詳しく知りたい方は「アサーション」とか「アドラー心理学」とかで検索すると、情報がたくさん出てくると思います。
たいへん便利で使い勝手がよく、人間関係改善に役に立つので、「ちゃんとちゃんとWS」でもお伝えしています。(ていうか、この、前の回で扱ったのでした)

・・と。今回はその話じゃないので、解説はこのくらいにして。



えー。もとい。



Mさんおねえさんは、ダンナさまがお風呂上がりに足拭きマットバスマットを片付けてくれないことが、イヤでした。
これまで何度も注意してきたし、「Iメッセージ」を使った言い方で言うよう努力してもきました。
「わたしは、嫌なんです」って。

そうすると、ダンナさまは

新聞「うん、わかった」

と、お返事してはくださるのですが。

翌日になると、やっぱりまた、足拭きマットが床に置きっぱなしになっていて。

それを見ると、
ものすごく腹が立つのだそうです。

ああーっ怒り また!

(以下、繰り返しendless)




・・・・うん、別にね。

別にね。


足拭きマットが床に敷きっぱなしになってたからって、死ぬわけじゃないんです。

床が湿気って、脱衣所が全体にムワッとした感じになるのが好きじゃないだけで。

気がついた人が片付ければいいんです。

気になるようなら、床だって、乾拭きすればいいんです。

どうしてもダンナさんが片付けなきゃいけない理由なんて、どこにもないんです。

そんなことは、よーくわかっているんです。


でも、イヤいや~いや~いや~なんです。konatu

床に足拭きマットが出しっ放しになっているのを見ると、「イラッ」とするんです。

つまんないことだってわかってるんだけど、ものすごーく、ものすごーく、ストレスなんです・・・・泣きおまめ







うんうん。

あるよね~ こういうのって。

どこのお家でも、よくある話なんじゃないでしょうか?

出しっ放しにしてるのがダンナさんじゃなくてお子さんの場合もあるだろうし、
出しっ放しにされてるのが、足拭きマットじゃなくて、新聞新聞やクツシタメディキュットかもしれないけど。

で、Mさんおねえさんと同じように、つまんないことだとわかってはいるんだけど、すごくイライラするし、ストレスなの。
片付ける方の身にもなってよ! とか思っちゃうの。

経験、ありません?

そういうとき、どうしてます??



Mさんおねえさんちの場合はね。

ある日を境に、足拭きマットが消えてしまったのだそうです。


捨てたんじゃないよ。消えてしまったの。顔




え?

どゆこと??



・・・というあたりは、また次回に。shokopon



ペタしてね



星ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ参加者募集中星
詳しくは
→こちらをご覧ください。
お申込・お問合せ→手紙DAYBREAK healing room手紙

「何だろう、少し気が楽になっている感じ?」

Posted by Aiko on   0 comments   0 trackback

レポがすっかり遅れちゃいましたが・・・しょぼん

Yさんキティちゃんから、この前の日曜日に開催した「ちゃんと受け取る&ちゃんと伝えるワークショップ(8回目)」のご感想をいただきましたakn


ので。さっそくご紹介(*'∀`*)v



c.blossoms*桜c.blossoms*桜c.blossoms*Yさんキティちゃんのシェアc.blossoms*桜c.blossoms*桜c.blossoms*

日曜日は少し寒かったけど、日差しがあってぽかぽかとしていて

会場の窓から景色もよく見えて、途中猫が何匹かてくてくと歩いていたのが見えたかわいい

そんなんで、まったりモードなちゃんとちゃんと8回目。

宿題の発表は、前回教えてもらったI(アイ)メッセージを使って母に言ってみたのだけれど、深呼吸し忘れ、「また愚痴?」のテンションだったのでうまくいかなかったこと。

前回もそれは同じ穴のムジナと教えてもらったけど、今回は、更に詳しく自分と相手を同化している事を図で教えてもらった。
同化しているから自分の言う通りにしたくなって、一人でブーブーしちゃうわけだね…
だけど、相手には相手の理由があり、自分だってそう。

そこを思い、受けとったり伝えたり、があるんだ。
これはLYSでもやった関係性と繋がるというか、同じだね。

そして、いろいろな影響を受ける心のしくみを教わり、
大事な事は「それは事実か?」という視点。

これは、REIKI伝授後の課題メールの時体感したので、事実をちゃんと見れてないことがあるんだろうなぁ~という感じは今はある
REIKI受ける前だったら、色眼鏡で見て「事実です!」ってなってただろうけど…。

そんでもって、感情は自分軸ではないことも教わった。

そうそう、前に、ツイッターでAikoさんが、「感情とハートは一緒ではない」というツイートをしていて、それを読んだ時、
あれ?ハートって何?そういえばハートの瞑想って何だろう?となって
わたし伝授セミナーの時、ちゃんと聞いてなかったみたい
って思ったことがあった。

そのあと、復習会で説明を聞いて驚き納得

不安な気持ちの時、ハートの瞑想をしたら、お気楽というか何だか楽しんでいるような、あとはのびのびしているような事とかあって、これは何だろう???とずっと不思議だった。

何だかいらつくくらい。

私は不安なのに~!って。

そんなんだったので、感情とハートは違うことが体感出来ていてよかった。

アフターでは、「面倒くさい」についてAikoさんに聞いて
面倒くさいも感情、なくなることはないよ、と教わり

そういえば、以前もAikoさんから、ここ(SNS)の日記で、「面倒くさいって思っていいんだよ」って言われていたんだって思い出した。

何だろう、少し気が楽になっている感じ?



c.blossoms*桜c.blossoms*桜c.blossoms*桜c.blossoms*桜c.blossoms*桜c.blossoms*桜c.blossoms*


まずは、気が楽になって良かったですね~うれしい

なんでもそうですけど、リラックスが基本なんだと思います。
そこを、いろんな思い込みや「コウジャナクチャイケナイ」にがんじがらめにされてると、必要以上に力が入って、心も体もカチコチしちゃいます。
なので、事実をちゃんと見られることは、リラックスできてる、ってことと、非常に近い関係にあるよなあと思います。



あと、それから。

ハートと感情は違いますよ!っていうのは、この記事でも書きましたが、体感できていると納得度が違いますよねエヘ

 矢印自分軸~勘違い2と、若干の補足

と、あと、REIKIのクラスはエネルギー的なことを扱うので、進めば進むほど、違いがハッキリしてくると思います!
一度ではなかなかわからないところもあると思いますから、復習会や再受講もご利用くださいね。
REIKI伝授セミナーは、わたしにとっては一番大切で、一番奥深いクラスなので、じっくりしっかりお伝えしていきますね・・ぺこり



んで。それから

メンドクサイ」は、また明日にでも記事にします。
ここ、引っかかってる人が多いような気がするので(*'∀`*)v
(そしてペンディング記事のUPがまた延びるのであった・・・ガーン・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。